屋根葺き替え・屋根カバー工法をご検討の際は街の屋根やさん千葉におまかせください

gatag-00000801

前述したように現在は次世代型ガルバリウムへの切り替え過渡期です。まだ次世代型の高耐久ガルバリウム鋼板へのリニューアルやモデルチェンジを発表していない建材メーカーもどんどん乗り換えてくるでしょう。
現在、次世代型ガルバリウムへの切り替えを完全に終えたメーカーはアイジー工業のみで、これまでのモデルは2016年3月で生産中止となっています(まだ在庫はあるかも知れませんが)。
これに続くのがニチハで旧来のモデルは2016年12月で生産中止となるようです。
それまでは併売されるでちょっと注意が必要です。どうせならこれまでの3倍の耐久性を持つ次世代型の屋根材を使いたいですよね。「やたらと値引きしてくれると思ったら在庫処分の以前のガルバリウムだった」というのは泣くになけません。逆に「15年持てばいい」なんて考えの方は屋根リフォームを安くするチャンスかもしれません。緊急性のない屋根リフォームでしたら、他のメーカーで次世代型が出てくるのを待つのもいいでしょう。皆様、自分のスタイルに合わせて屋根材をお選びください。